劇評やビデオ・DVDの感想を中心に開室します。 TB・コメントはお気軽にどうぞ。
ミュージカル『ビリー・エリオット ~リトル・ダンサー~』
2017年08月15日 (火) | 編集 |
日時:2017年8月
場所:赤坂ACTシアター

 映画をミュージカル化、日本人キャストで上演。
 個人的にビリーの父親を益岡徹さんか村田雄浩さんで見たいと思っていたら、Wキャストで益岡さんがキャスティングされたので嬉しかった。一応益岡さんバージョンと吉田鋼太郎さんバージョン両方見た。益岡さんのときは前田ビリーで、吉田さんのときは未来ビリーだった。益岡さん良かった~。いかついけど頼りない感じがイメージに合ってた。
 以前映画をテレビでやってたのを見て号泣したのだけど、ミュージカルではビリー父が息子のために仲間を裏切って仕事に出るところがマイルドになっていた。
 ビリーにバレエを教える先生役が柚希礼音さんだった。ちょとカツゼツが悪かったけど、炭坑夫と戦えそうな感じだった。たぶんWキャストの島田歌穂さんの方が当たりかもしれない。宝塚から見ていたので、フィナーレで白鳥の湖の衣装ぽい姿で登場するところがある意味貴重で萌え。

 ビリーは前田くんはイケメンで将来小西くんみたいになりそうだけどお芝居はもう一息という感じで、未来ビリーはビジュアルは前田ビリーほどではないけど歌もバレエもお芝居もバランス良かった。ネットの評判だと木村ビリーがバレエが上手いらしいけど、チケット代が高いので全ビリーをコンプリート観劇するのはちょっと無理だな…。
 
スポンサーサイト
吉田博展@損保ジャパン日本興亜美術館
2017年08月14日 (月) | 編集 |
 前期・後期両方行きました。
yoshida.jpg

 前期と後期で展示品がけっこう入れ替わっていました。
 川瀬巴水と同時期に活動していたのだけど、途中から渡辺版の完成度に満足できなくて独立したようなことが解説に書いてありました。
 風景画はいいなぁと思ったけど、人物の描写はあまりお得意じゃない感じでした。
 後摺りの版画も売っていたら買ってたかも~。絵はがきだと色が綺麗に出てなかったので。
ライブ・スペクタクルNARUTO 暁の調べ(千秋楽ライブビューイング)
2017年08月09日 (水) | 編集 |
日時:2017年8月
場所:映画館

 前回のつづきにあたる内容で、今回はツナデ役で元宝塚の大湖せしるさんが出演していた。ライブビューイングで映るたびに強調された胸の谷間に視線がいってしまう(汗)。宝塚時代はそういったところは気にならなかったのに。もともと男役だったので、ツナデにぴったりだった。そういえば以前ミュージカルNARUTOでは愛華みれさんがツナデをやってましたね。
 そんなツナデと悠未ひろさん演じる大蛇丸はお芝居では対峙することはなかったけど、フィナーレで二人で歌うシーンがちょっとだけあって萌え。

 胸の谷間つながりだと、サスケも胸元が綺麗でついつい見てしまった。舞台用のお化粧を胸のあたりもしているんだろうけど、アップに耐えられる肌でうらやましい。

 そういえば今回は全体的にミュージカル仕立てになっててびっくり。急にどうしたんだ(笑)。
 でも脇役にフォローがいかないところは宝塚の人の作品だなぁと思った。デイダラの無駄使い感がひどかったし、カリンの特殊な能力が分からずじまいだし、カブトは結局どうなった?など投げっぱなしなところもあった。まだ舞台が続くなら、次の作品で回収されるのかもしれないけど。

 スタッフ欄をみたら殺陣で市瀬くんが参加していた。それならイルカ先生でも出てほしかったなぁ~。
さよならピックアップ
2017年08月08日 (火) | 編集 |
pick.jpg
 カールの販売終了のニュースはあちこちで見聞きしましたが、「ピックアップ」も8月で終了するというのはつい最近知りました。
 個人的に子どものころから好きなお菓子なので、カールよりショックですわ…。スーパーで売ってたので買ってきました。

 と、いうことはファミマで売ってる108円のピックアップも終わっちゃうということですよね。ショックですわ…。
冷やしあめを作ってみた(2回目)
2017年08月07日 (月) | 編集 |
 「グレーテルのかまど」の冷やしあめ(マイルド)をまた作りました。今回は忘れずに写真をとりました。

 材料:三温糖200g、水あめ50g、生姜約100gをすってしぼって繊維と汁に分ける
hiyashi001.jpg
hiyashi002.jpg
hiyashi003.jpg

hiyashi004.jpg
 生姜の繊維、三温糖、水300mlを鍋に入れて煮る

hiyashi005.jpg
 沸騰したら弱火にして5分くらい煮詰める

hiyashi006.jpg
 別の鍋などを用意してガーゼで濾して繊維をとる

hiyashi007.jpg
 濾したものがこれ。これに生姜のしぼり汁と水あめを加えて中火で煮る

hiyashi008.jpg
 沸騰して小さい泡が出るようになったら火を止めて保存容器に入れて冷ましたらできあがり

 「グレーテル~」だと、水あめは麦芽あめを使っていました。個人的に出来上がった原液を牛乳で割ったものが好きです。
 ガーゼは100円ショップでも売っています。キッチンペーパーより濾しやすいです。
ふるあめりかに袖はぬらさじ
2017年08月05日 (土) | 編集 |
日時:2017年8月
場所:明治座

 イープラス貸切で、プログラムと明治座の売店のみ使える商品券1000円がついてくる席のチケットを購入。明治座でこんなにおまけがついてくる席は初めてだったので、もしかしてチケット売れていないのでは…とか話がつまらないのでは…とか心配だったのだけど、楽しめた。
 ただ、お園さんというキャラクターが太い柱になっているので、ここがしっかりしていないと舞台が回らなくなる。宝塚の人が脚本などを担当しているので、大地真央さんのお園さんをトップにした宝塚を観たような気になった。

 じつはこの作品は大沢健さんと崎本大海くん目当てで見に行ったのだけど、まさか大沢さんが2.5次元のイケメンたちを従えるチームリーダー的なポジションで出てくるとは(笑)。大沢さんは攘夷思想の大橋先生の年長の弟子でリーダー、篠田くんはナンバー2、崎本くんたちは後輩弟子という感じ?彼らはお園さんの盛りに盛った攘夷芸者の話の矛盾点に気付いて、お芝居の終盤へと一気に展開していく重要な役だった。
 冒頭で登場して、大沢さんたちが今の世に苦言を呈したあとにいきなり歌いだしてびっくり。そういえばこれって音楽劇だった!大沢さんや崎本くんが歌うところをあまり見たことがなかったのでドキドキした。大沢さんがソロで歌うところはちょっとしかなかったけど、ちゃんと歌えていた。
 で、冒頭から再登場まで長い長い潜伏期間が(笑)。「NARUTO」でも書いたけど、宝塚の人が作ってるから(?)本当に出てこない。何か出てきても良さそうなシーンが作れそうなところがあると思うんですが。原作とか玉三郎さんバージョンでも同じなんですかね。気になる。
 そんななかなか出てこなかった大沢さんこと岡田さんはセリフは少なかったけど、年長者としての冷静さを持ってお園さんの話を聞いて、松本(篠田くん)にひそひそと指示して、お園さんを屈させるとフハハハハと悪役のような笑いをしつつ去っていった(笑)。外見は全然怖くないけど心理的に怖い。大地さんともちゃんと負けずにお芝居してて萌え。

 さらにフィナーレでは宝塚のレビューみたいに弟子チームでまとめて登場すると、刀を抜いて剣舞をするというおまけがあって萌え。しかも踊りの途中でイケメン弟子たちが岡田さんを囲んで跪くところも萌え。イケメン弟子を全員念友にしていそう(腐女子的妄想)。

 宝塚OGも多く出ていた。亀遊さん役の人の宝塚時代の名前は聞き覚えがなかったのだけど、娘役トップ不在時のヒロイン役をやったそうなので、実質トップだったのかな?
 個人的に花組にいた桜一花さんの使いどころがもったいないと思った。未沙のえるさんはおいしい役だったのだけど、大地さんと同期とは知らなかった~。
ベルギー奇想の系譜@Bunkamuraザ·ミュージアム
2017年08月02日 (水) | 編集 |
bunka01.jpg

 ボスが活躍した時代ぐらいから、現代までのベルギー美術を展示している。
 お目当てのボスは工房の作品だったり模倣者の作品ばかりだったのが残念。以前見た「バベルの塔」はボスの作品があったのに。
 ほかにもブリューゲルの版画もあって、じっくり見られた。

 個人的にちょっと後悔したのが、クノップフの作品をじっくり見なかったこと。以前中野京子さんの「怖い絵」シリーズで、クノップフの町の絵が載ってたのを覚えていたので展示されていた風景画はよく見たのだけど、妹を溺愛していたエピソードは忘れてたのね。
 で、展示されているクノップフの作品の中に女性が登場しているのがいくつかあったのだけど、たぶんそのモデルって全部妹だと思うんですよね。それを確認できなかったのが残念。女性がポーズをとっている写真のモデルも妹だったのかなぁ。気になる。

 あとさりげなくマグリットの作品も見られてラッキー。

bunka02.jpg

 ちなみにBunkamuraに行った後は西村に寄ってアイスを食べるのを楽しみにしてます。2種類選べるのが嬉しい。今回は巨峰と桃にしました。ウマー。
冷やしあめを作ってみた
2017年07月26日 (水) | 編集 |
 Eテレの「グレーテルのかまど」で冷やしあめを作っていて私にも作れそうだったので、実際に作ってみました。
 スーパーで生姜と三温糖は見つかったのだけど、麦芽あめは見つからなかったので普通の水あめを購入。
 「グレーテル~」のサイトのレシピの「マイルド」を参考にしました。

hiyashi1.jpg
 これは原液です。水や炭酸水で4倍に薄めるとのこと。

hiyashi2.jpg
 薄めるとこんな感じ。マイルドの割には生姜の辛味がけっこう効いていました。京都の自動販売機で買って飲んだときのより味にメリハリがあっておいしい!
 水あめを使い切ったら麦芽あめで作ってみたいです。
タイ展@東京国立博物館
2017年07月23日 (日) | 編集 |
 タイの仏像を中心にした特別展。音声ガイドをみうらじゅんさんといとうせいこうさんが担当している。
 生まれた曜日で自分の仏像が決まるというコーナーで試してみたら、自分は涅槃像だった。今後涅槃像グッズがあったら注意したい。あと自分のカラーはピンクだった。せっかくなので物販コーナーでピンクの象の小銭入れとレトルトカレーを購入した。

 タイの王室が作らせた日本刀が展示してあったのだけど、もうちょっと頑張れという出来だった。刃が竹光みたいだった。

舞台刀剣乱舞 義伝 暁の独眼竜(千秋楽ライブビューイング)
2017年07月22日 (土) | 編集 |
日時:2017年7月
場所:映画館

 今回は伊達政宗の刀を中心にしたお芝居だった。劇場でのチケットが買えなかったので映画館のライブビューイングを観ることにした。
 事前にグッズほしさに劇場に行ってみたのだけど、ものすごい列ができていてびっくり。グッズを買うまで小一時間並んだ。

 今回伊達政宗が富田翔くんだったのだけど、残念ながら山姥切とのシーンがなかった。中の人が炎の蜃気楼昭和編で共演してたのでツーショットなシーンを期待していたのに。
 そして初登場の大倶利伽羅が猪野くんで格好良かった。殺陣も速く華やかな感じでイメージに合ってたと思う。同様に歌仙兼定は刀の由来にちなんで敵の首を確実に狙った感じの殺陣だった。実際に刀を見たときの印象と同じに、短めの刀身だったので凝ってるなぁと思った。
 あと短刀で太鼓鐘が出たのだけど、ゲームのイラストよりこちらの方が美形で良かった。

 個人的に刀同士のやりとりよりも、政宗と細川忠興のやりとりが意外と萌え。とくに政宗臨終のシーンがまさかの忠興の腕の中でというのがすごかった。どっちもおじいさんだけど。衆道における念友の理想的な最期という感じだった。おじいさんとなった政宗がロマンシング・サガのハーマンみたいだった。老けてても眼力があってそこそこ美形という(笑)。でも喋るとフガフガしていた。
 そんなやりとりと少し離れたところから伊達の刀たちが見守っていて、涙・涙のシーンだったのだけど、暗転してシーンが変わったら燭台切がラーメンの屋台を出していて、隣の席の人が泣きながら噴き出していた。

 贔屓の刀の出番は少なかったけど、前回の本能寺のよりこちらの方が好きかも。次もあるかな?
映画とか
2017年07月20日 (木) | 編集 |
 先日映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」を観てきました。オーランド・ブルームが格好良かったのだけど、あまり登場してなくて残念。お話は面白かった~。また続きができそう。

 映画を観る前に、トトロのシュークリームを出すお店で昼食をとりました。友人が予約してくれたのがピーチクリームという期間限定もので、おいしかったです。
totoro03.jpg

totoro04.jpg

 中トトロの模様をフォークでつけてみました。
スマホ
2017年07月15日 (土) | 編集 |
 最近スマホを導入しました。大手のオンラインショップで手続きをして、送られてきたスマホに自分でカードを差し込んで自力で開通させました。オプションも極力つけないようにはしたのですが、2年しばりなので月の請求額を見るとけっこう高くてびっくり。
 
幕末太陽傳/Dramatic "S"!(宝塚雪組)
2017年07月09日 (日) | 編集 |
日時:2017年7月
場所:東京宝塚劇場

 雪組トップコンビのさよなら公演。映画を原作にして、ミュージカルコメディにしている。
 映画の中心となっている古典落語の「居残り左平次」のお芝居を風間杜夫さん主演でテレビで見たことがあったのだけど、あちらはオリジナルの設定だったらしく、宝塚では次郎長とかは出てこなかった。
 個人的におくまさん役の人(舞咲りんさん)がすごく良かった~。SETにいても違和感ない気がする。ついつい目で追ってしまう。
 最後左平次さんがどうなるのかハラハラしたのだけど、けっこういい終わり方をしてたのでほっとした。
 映画はまだ見たことがないので、レンタルであったら見てみたい。

 レビューでは鳳翔大さんの存在感が前回より増したような気がする。活躍の場が増えたのかな?長身で手足が長くて前髪も長くなって(?)遠くから見ると昔の和央ようかさんのようなスタイルなので、いつか宙組に戻って来てほしい。

 …なんて書いてから検索したら、鳳翔大さんはこれで退団するのですね(泣)。ショック~。退団するからいい場面もらえたってことなんですかね。もっと見たかったなぁ。

 トップの早霧せいなさんは宙組にいたころはあまり印象に残らなかったのだけど、雪組になってから輝きが増したんですね。オンデマンドで「ロジェ」とか「双曲線のカルテ」を見て早霧さんをいいなぁと思いましたわ。今後どんな活躍をするか楽しみです。
 娘役トップの咲妃みゆさんは「シカゴ」のロキシーとか似合いそう。
セリアのファイヤーキングっぽい食器
2017年06月29日 (木) | 編集 |
 ついに地元でセリアが開店したので行ってきました。
 池袋のセリアで見つけて衝撃を受けた、ファイヤーキングっぽいプラスチックの食器があったので試しに購入。
 色が本当にファイヤーキングのジェダイカラーにそっくりなので、本物のファイヤーキングと並べてみました。

fk03.jpg


 さて問題です。どっちがセリアの食器でしょうか?(制限時間10秒)

 正解は、右がセリアで、左がファイヤーキングでした。

fk02.jpg
fk01.jpg
 ファイヤーキングのお皿と合わせても、あまり違和感は感じられませんね。
 ちなみにセリアの食器は電子レンジの使用はできませんが、ファイヤーキングは使えます。セリアのは冷たいお料理専門で使ったりすればいいんじゃないでしょうか。お皿やジェーンレイシリーズそっくりのものもあるのでクオリティが高いです。私は本家をガシガシ使う派なのでこちらはボウルだけにしておきますわ。
発掘
2017年06月25日 (日) | 編集 |
 部屋の片づけをしていたら、小学生のときに使っていた習字セットが出てきた。まだ持っていたのか…。もう習字しないので速攻捨てる。
 棚を整理したら、これまた小学生から高校くらいまでに集めていた消しゴムの入った箱を見つけた。後日写真に撮って記事にする予定。
なぁにぃー?やっちまったな!
2017年06月15日 (木) | 編集 |
 以前凰稀かなめさんが出演した「花・虞美人」で項羽役だった人が謹慎して代役がWキャストで出たということを書きましたが、私が見た方の黒川さんがいつの間にか黒川容疑者になっていた。中3の女子を買春したらしい。あーあー…最初で最後のミュージカルになったかも。買う方もアウトだけど、売る方もいかがなものかと…。
熱海五郎一座 フルボディミステリー 消えた目撃者と悩ましい遺産
2017年06月12日 (月) | 編集 |
日時:2017年6月
場所:新橋演舞場

 今回のゲストは藤原紀香さん。今回も東MAX出演回でチケットを購入。恒例の5分前は、トランプ大統領風の格好で登場し、「東MAXが出る回を指定してチケット買った人は東ファースト」というようなことを言っていた。

 パンフレットによると、藤原さんは中学生時代に落語研究会に入って創作落語を披露していたらしい。それじゃあ熱海五郎一座にぴったりな人選ですね。
 個人的に藤原さんがスケバンの格好でスケバン刑事を名乗って戦うシーンが良かった。本当に当時出ていそう。
 
 おそろしいことに、第2幕の終盤に寝てしまって肝心の法廷シーンをほとんど見逃してしまった(泣)。いつのまにかコンビ再結成されてるし…。
 フィナーレで一座の6人が宙釣りになって、特に何の動きもないところがシュールで面白かった(笑)。

 あとリーダーが藤原さんがお稽古のときに酸素水を飲んでいるという話をしていた。え、水素水から酸素水にのりかえた?酸素水を検索したらけっこう高くてびっくり。酸素なら水を飲まずに深呼吸すればいいのに(笑)。
無題
2017年06月10日 (土) | 編集 |
 久しぶりにイラストを描きたくなり、タブレットなどの準備をしてクリスタ起動→いつのまにかバージョンが新しくなっていて、更新作業をする→更新作業に時間がかかり、終わるまで他の作業をする→更新作業が終わるころに他の作業にかかりきりになる→結局描く時間が短くなる…というのを繰り返してしまう。
奈良西大寺展@三井記念美術館
2017年06月08日 (木) | 編集 |
 以前安倍文殊院に行った後に西大寺にも寄って仏像を見たのだけど、またこうして都内で見られるのは嬉しい。
 会場のサイトなど未見で行ったので、最後の展示会場で元興寺の如意輪とか浄瑠璃寺の吉祥天があってびっくり。元興寺の如意輪さんは久しく見てなかったので見られて良かった~。
 ほかにも法華寺とか金沢文庫の称名寺や鎌倉の極楽寺の仏像もあって、お得感が倍増した。西大寺に行ったことがあるから、展示を見ようか迷ったのだけど、行って良かったですわ。
 ただ西大寺の文殊菩薩ご一行は、お寺と違って展示ケースの中にあったので、奥行きがなくて窮屈そうだった。もともと三井記念美術館ってそんなに広くなくて、展示ケースも狭いので仕方ないんですけどね。
警視庁抜刀課
2017年06月06日 (火) | 編集 |
日時:2017年6月
場所:シブゲキ!

 斉藤岬さんのマンガを舞台化。原作は未読だったのだけど、チケットを購入すると電子図書でマンガ1巻が読めるという特典がついていたので利用して読んだ。斉藤岬さんの画集を以前持ってましたわ。こういう絵柄に憧れる~。
 殺陣を専門の人が担当しているので、居合の型とかが格好良かった。ああ、この作品にガチで居合・殺陣ができる市瀬くんや出合くんがなぜ出ないのか(真顔)。
 出演者の中に中性的な外見の星元裕月さんという役者さんが出ていて、プログラムを読むまで男性だと断定できずにいた(汗)。おお、こんなところにStudio Lifeの及川さんの後継者が!ぜひ客演で出てほしい。
 主人公は井上くんと中村優一くんというWライダーOBだった。絶妙な身長差で萌え。井上くんが右手で刀を持っているのが新鮮かもしれない。
 敵役にデカグリーンの伊藤くんが出ていて懐かしかった。これまた義経役の山本くんと絶妙な身長差(以下略)

 話は「俺たちの戦いはこれからだ!」という感じで終わったので、続きがあるのかな?チケットには「Vol.1」ってあったし。個人的には深夜ドラマで見たいなぁ。