FC2ブログ
劇評やビデオ・DVDの感想を中心に開室します。 TB・コメントはお気軽にどうぞ。
音楽劇ガラスの仮面(川久保拓司、宝塚OG)
2008年08月23日 (土) | 編集 |
日時:2008年8月
場所:彩の国さいたま劇場大ホール

 キャストの詳細が出るまでチケットを買うのをしぶっていたため、川久保拓司くんが出ると分かった直後に買ったら2階席の一番後ろの列になってしまった。
 でも真ん中近くだったので、けっこうよく見えた。
 配役をチェックしたら、川久保くんは桜小路くん役だった。そして月川くんは青木麗(劇団つきかげの男装の麗人)役だった。そっか~、その発想はなかった!
 特別協賛がサンスターなので、ロビーで赤ずきんちゃん(?)が歯磨きを配っていた。

 開演前にバックステージツアーをやってて、舞台上にツアー参加者が2チームくらいに分かれてぞろぞろと歩いていたんだけど、よく見るとツアー客と違った人たちが少しずつ舞台に上がっていくのが見えた。
 そのうちの一人がはっと目をひくイケメンだったので、思わず単眼鏡でチェックしたら、川久保くんだった(!)。どうやら劇団の団員役のキャストが私服でやってきてスタンバイする…という演出だったっぽい。開演前から舞台は始まっているのだ!ナイスニナガワ。

 舞台中央近くで練習着に着替えた川久保くんたちがバレエの基礎練習をするんだけど、講師役が元宝塚の祐輝薫さんだった。ちなみにY字開脚、川久保くんは脚が上がってなかった。
 祐輝さんは劇中では劇団つきかげの研究生役だった。たしか麗が高校3年で「私が最年長」と言ってたので、それ以下の年齢の役っぽい。

 いやー、おもしろかった!オススメです。

 川久保くんの桜小路くん、爽やかなイケメンで萌え。歌もソロがあったし、劇中劇の「たけくらべ」で和服姿も披露していた。
 月川くんの麗は遠くから見ると彩吹真央さんっぽかった(笑)。つなぎ姿はよろしくメカドック風で(古っ)格好よかったけど、パンツスーツ姿は宝塚の男役の私服(?)みたいだった。なんであんなに女性っぽい着こなしができるんだろう。素敵。けっこう活躍してた。

 主役のマヤは大和田美帆さんだったんだけど、中の人の境遇は亜弓さんと同じような感じなのに、みごとにマヤだった。亜弓さん役は新人で初舞台とのことなんだけど、よくぞ発掘したって感じで堂々としていた。特に「サロメ」のバレエシーンが良かった。プログラムの写真だとほんわかした印象なんだけど、実際に見ると目力があって凛々しい人だった。まさに亜弓さん。
 そんな亜弓さんの母親役が月影瞳さんだった。舞台の左右に分かれて月影先生とマヤ、姫川親子が分かれて歌うシーンがあるんだけど、姫川親子の部分だけ華やかで宝塚だった(笑)。

 雨のシーンが本当に上から水を落としてどしゃぶり状態にしてるんだけど、排水溝がどこにあるんだろうと床に注目してしまった。
 1幕で雨が止んだ後、暗転している間にお掃除おばさん集団が登場して、モップなどでゴシゴシ床を拭いていくのが自然で萌え(下図参照)。

 話は全国演劇コンクールで劇団つきかげがつぶれてしまう辺りで終わったので、真澄さんとマヤのやりとりが少なかったのがちょっと残念。でもちゃんと紫のバラを贈るきっかけのシーンがあった。
 あと劇団一角獣がさりげなくいい味出してた。

 月影先生は夏木マリさんだったんだけど、再現度が高かった。でも歌い始めると夏木マリに戻っちゃっているような。夏木さんを見てたら麻実れいさんの月影先生が見たくなった。

 最後に紅天女のイラストのパネルから実体化した紅天女が飛び出てくるんだけど、中の人が祐輝さんだった!宙を舞う祐輝さんの紅天女、動きが滑らかで素敵だった。

 アンサンブルでイケメンがいたのでプログラムでチェックしたら、畑中研人くんというらしい。特撮にほしい(そればっかり/笑)。今学生だそうで、今後も舞台に出てくるといいな。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック